確定申告などの税務や会計業務をはじめ、保険の事や建設業様向けのサービスも展開

税理士法人 竹長会計
  • アクセスマップ
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
会計について

ホーム > 相続について

相続について

お客様に安心と繁栄をお届けする、総合保険代理店をめざしています。

相続

◆相続税の申告
◆相続税のシュミレーション相談
◆贈与税の申告

相続等

平成25年度 相続税・贈与税の大改正(平成27年1月1日~)!
~相続税が身近なに税になりました !~ 詳しくは▶こちら

◆相続税の大改正(平成27.1.1から基礎控除が現行の60%に引き下げ!)

みなさん、ご存じでしたか?

例えば、亡くなった方に配偶者とお子さん2名がいらっしゃった場合、H26.12.31までは、
課税価格(=総遺産価額と加算すべき贈与価額の合計-債務・葬式費用の金額)が、
8,000万円 (=基礎控除額 5,000万円+1,000万円×3名:法定相続人の数)までであれば相続税の
申告・納税は必要ありませんでした。

しかし・・・
平成27年1月1日以降にお亡くなりになった場合、計算上、基礎控除額が4,800万円
3,000万円600万円×3名:法定相続人の数)に引き下げられますので、例えば、総遺産価額
(=遺産の合計額)が5,000万円のケースでは、相続税の申告・納税が必要になる可能性があります!
一口に5,000万円と聞くと、「うちには、そんな多額の財産なんてありっこない!預貯金なんてスズメの
涙ほどもないのに・・・」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

とはいうものの、相続税の計算においては、土地は相続税評価額(いわゆる「路線価等」)で算定されますので、特に都市計画区域内に農地を所有されている方は、かなり高額な評価額に算出されることになります。
また、会社を経営されている方は、自社株式も同様に相続税評価額で算定されますので、財務状況が良好な会社は、株価が額面の数倍から数十倍に算出されることもあります。
ということは、目に見える預貯金の残高だけでは、相続税の申告・納税が必要かどうか判断できない
こともあります。

こうした状況を踏まえ、当税理士法人では、相続税担当部門を強化し、
平成25年9月以降は人員を増強して税理士3名体制としたうえで、相続セミナーの開催や皆さま方の
相続に関するご相談、お悩み解決の支援に確実に対応できるよう「相続支援センター」を平成25年9月にオープンしております。
まず、相続税額のシュミレーション(試算)をしてみませんか?また、従来とおり、相続税や贈与税の
申告書作成にも確実に対応させていただきます!


業務内容

◆土地の評価
◆自社株式(取引相場のない株式)の評価
◆相続税額のシュミレーション(いくら税金がかかるんだろう?)
お手持ちの資料の範囲内で概算の相続税額を試算させていただきます。
試算のためには、不動産の固定資産税評価額のわかる書類等が必要になります。

◆相続税の申告書作成

相続税の申告と納税の期限は原則、お亡くなりになった日の翌日から10ヶ月目の日です。
落ち着いたところで、お早めにご相談ください。
なお、亡くなられた方の所得税の納税申告が必要な場合があります。
この場合、原則、相続人の方はお亡くなりになった日の翌日から4ヶ月以内に準確定申告と納税を
しなければなりませんので、所得税も合わせてご相談ください。

◆贈与税の申告書作成
○暦年課税申告
○特例を利用した申告
お客さまの財産形成や次世代への支援計画等に合わせてベターな特例の利用を提案させていただきます。
  • 相続時精算課税制度
  • 配偶者控除
  • 住宅取得等資金の非課税や相続時精算課税選択の特例
  • 祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度

◆その他、事前の相続や贈与、土地の譲渡(売買)に関するご相談
○相続が「争族」とならないために・・・
  ケースに応じて、遺言書の作成や生命保険契約の活用をご提案します。
○先代、先々代からの相続手続きが終わっていない・・・
  次世代に懸案を残さないように適切なアドバイスをさせていただきます。
  ケースに応じて、司法書士を紹介させていただきます。
○相続税の負担をできるだけ軽くしたい・・・  
  法律の範囲内で、事前贈与等の活用策を検討します。


                                                            
タイトル タイトル(更新日付)
【注意事項(免責)】 ダウンロード (13/09/12)
▼以下資料の目次▼ ダウンロード (13/09/11)
・相続税の大改正 ダウンロード (15/01/01)
【ステップ1】 課税対象の財産 ダウンロード (13/09/11)
【ステップ2】 非課税財産 ダウンロード (13/09/11)
【ステップ3】 課税対象の財産から控除できる財産 ダウンロード (13/09/11)
【ステップ4】 用語のポイント ダウンロード (13/09/11)
【ステップ5】 相続税の総額の計算(平成27年1月1日以降) ダウンロード (13/09/11)
【ステップ6】 実際に各人が納税すべき相続税の計算 ダウンロード (13/09/11)
【ステップ7】
相続開始から相続税の申告と納税までの一般的なスケジュール
ダウンロード (13/09/11)
【ステップ8】 H25年度その他の相続税等の改正
  • 未成年者控除・障害者控除の引き上げ
  • 小規模宅地等について相続税の課税価格の計算の特例の見直し
  • 贈与税率構造の緩和(暦年課税:基礎控除110万円適用分)
  • 相続時精算課税制度の対象者の見直し
  • 教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の創設
ダウンロード (13/09/11)
【ステップ9】 みなし相続財産
  • 「みなし相続財産」とは 
  • 生命保険金関係
  • 退職手当・功労金等
ダウンロード (13/09/11)

 

【本 社】 税理士法人 竹長会計
〒914-0811 福井県敦賀市中央町1丁目8-33 【ACCESS-MAP
TEL:0770-24-0855 FAX:0770-23-5104
~ お電話でご予約ください ~

メールによるお問い合わせはこちら